« 名鉄美濃町線廃線探訪 (5) | トップページ | にわかモータージャーナリスト再び・・・ローバーミニ 試乗記 (上) »

2009/10/05

名鉄美濃町線廃線探訪 (エピローグ)

美濃町線の最終回。やはり全線制覇と言うからには・・・。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今まで5回に渡って美濃町線ブログを展開した。何とか形だけでも「岐阜~美濃」の全駅制覇をやってみた。やって思ったのは、「廃線探訪」って一口に言っても、探訪する時期・・・この場合は季節とかそういう事より、廃止から何年経ったかで、沿線風景は様変わりしてしまうんだなあ、と言う事。別にこれはなんだってそうなんだけど、たとえば、現役で使われる建造物なら、老朽化すれば、建替えたり改修したりで、またそれはそれで新鮮さを保ち続ける事ができるのだけど、廃線の場合は、もう朽ち果てて消え去るか、別の建造物に取って代わるかのどちらかでしかなく、どちらにしても、時間が経てば経つほど、路線の記憶は薄れてゆく。

2009年(平成21年)の9月においては、路盤もかなりの部分が残っており、たどるのも、現役の記憶を探るのも容易な作業だったけど、これがあと1年、2年経てば、今より消える物が多くはなっても、少なくなる事は200%あり得ない話だ。

美濃町線は、割りと最近まで現役だったので、写真や映像も豊富に残っているし、全線を隈なく歩いて写真に収めているマニアの方もゴマンといるし、実際に著作物もブログも多く出ている。廃線紀行だって、私と同じような事をされている人も、私のこれと同じようなブログだって、探せばたくさん見つかるしね。

でも、じゃあ2009年の9月の廃線跡はどんなだったか、となれば、収めている人はうんと少ないだろう。廃線跡って言うのは、その朽ち果てていく過程の、本当にささやかなドラマだから、1日1日、ほんの少しでも路盤跡、沿線は変化してゆく。

かつて現役時代にこちらに通い詰めていたマニアの方々に、昔はこの沿線に住んでたけど、今では全く来なくなってしまった方々に、全線廃線から4年後は、こんなんなってますよ、なんて事を少しでも伝えられたら良いかな?と言う思いで、こんなブログをやって見た。いかがだったろうか?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

さて、全線、と言うからには、もう一つの美濃町線である「徹明町~競輪場前」にも触れない訳にはいかない。

しかし、申し訳ないのだが、私がこの区間にほとんど乗った記憶がないのと(1、2回ぐらいは乗ったはずだが)、当時の詳しい地図を持参してこなかったので、駅の跡地を正確に写真に収める事ができなかった。一応あてずっぽうでは撮っては見たものの、そういった事情なので、多少実際の駅位置とズレていても、ブログと言う事で(無料で閲覧できるという意味で)何分ご容赦いただきたいと思う。

27tetsumeicho_1 徹明町電停

27tetsumeicho_2 徹明町電停

26kanazonocho4 金園町4丁目電停付近

25bairin 梅林電停付近。徹明町~梅林間は複線、ここから単線だった。

24kanazonocho9 金園町9丁目電停。所在地住所はなぜか10丁目。

徹明町~競輪場前は、少なくとも私が自転車で素通りしたぐらいでは、それらしき遺構を見つける事は不可能だった。ちゃんと探せば、何かは見つかるかもしれないけど、そこまでは・・・。(ここを撮る時はすでに夕方で、もうくたくただったのです)

と言う訳で、美濃町線についてはこれでおしまい!ヒマがあれば、揖斐線、谷汲線、さらに三河線・・・。やってもいいけど、もう疲れた(;д;)

|

« 名鉄美濃町線廃線探訪 (5) | トップページ | にわかモータージャーナリスト再び・・・ローバーミニ 試乗記 (上) »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220206/46336187

この記事へのトラックバック一覧です: 名鉄美濃町線廃線探訪 (エピローグ):

« 名鉄美濃町線廃線探訪 (5) | トップページ | にわかモータージャーナリスト再び・・・ローバーミニ 試乗記 (上) »