« 名鉄美濃町線廃線探訪 (3) | トップページ | 名鉄美濃町線廃線探訪 (5) »

2009/09/30

名鉄美濃町線廃線探訪 (4)

美濃町線探訪も早や4回目。沿線風景は当時とそんなに違わないが、違っていることと言えば・・・。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

津保川を渡り終え、束の間の田園地帯を抜けた後、再び線路は集落の中に分け入ってゆく。そこに白金駅はある。下芥見以来の交換駅だ。

14shirokane_4_2 白金駅

14shirokane_5 白金駅待合室跡

確か、ここも駅舎があったと記憶しているが、記憶違いかもしれない。もちろん、今では跡形もなく取り払われているが。

白金駅を出ると間もなく、線路は再び「プチ路面電車」となる。今度はウラ道のような市道ではなく、れっきとした県道(当時もそうだったかどうかは知らない)で、何となく格が違う。ところが、この県道に出て、今までにはなかった沿線風景に出くわした。

15oyana_1 白金~小屋名間

上の写真でお気づきになられただろうか?左端のバリケードがかつての線路跡。そう、路盤が完全に撤去され、歩道に変わってしまっていたのである。北一色までの市内の道路併用区間はともかく、それ以外では、あと156号沿いですら、軌道は撤去されずにそのまま残っていたにもかかわらず、野一色以来、初めてここで軌道跡が途切れる事になったのだ。

15oyana_2 小屋名駅付近

たぶんここが小屋名駅であったであろう箇所。記憶が曖昧なのと、駅を示すような遺跡になにひとつ会えなかったので、違っているかもしれない。

ここから、再び国道156号に沿ってゆく。もっとも肝心の国道は次の信号で左に折れ、関市街を回避してゆくので、実際は国道248号に沿ってゆく事となる。

15oyana_3 小屋名~赤土坂間

上の写真は156号が分かれる小屋名信号付近。ここも路盤を取り払って土地を整備している。来年来てみたら、住宅か何かが建っていて、線路跡が跡形もなく消え去ってしまった、なんてことがあるかもしれない。単なる憶測だが、岐阜市よりも、関市は、廃線に関してドライに受け止めているようである。

16akatsuchizaka 赤土坂駅

下り線では、新関までだと最後の交換駅になる赤土坂。地元の人に言うと怒られそうだが、岐阜~関間の車窓では、このあたりがもっともつまらない。むしろ面白かったのは小屋名と栄町4(県道江南関線と248号が交差する)の信号で、もう今では普通の信号なんだけど、当時は、248号側は左から黄・黄・赤という配列で永久に青に変わらない信号だった。じゃあ交差する方はと言うと、同じ信号があるにもかかわらず「止まれ」の標識もある。要するに電車を通すためだけの信号だったんだな。電車が通るときだけ双方赤になって、その他は248号は黄点滅。交差する側は赤点滅。昔は今ほど車も多くなかったから、幹線道同士の交差もこれで十分だったんだろう。今なら交差する方(赤点滅の方)は、永久に248号を渡れず、クレーム殺到だろう。

16akatsuchizaka_2 赤土坂の岐阜行バス時刻表。意外に本数あるようで・・・。

17shinden_1 新田駅

17shinden_2 新田駅待合室

関市内の駅の中では比較的保存状態(?)の良い新田駅。ちなみに、当時の私は、もうこのあたりでは関に着いた後のことばかりを考えていたので、この駅についてはほとんど記憶ありません。昔は、赤土坂→新関だと思っていたもんね。地元の皆さん本当にすんません。

18shinseki_1 新田~新関間。今だに信号の通し方がよく分からない栄町交差点。

昔はなかった東海北陸道をアンダーパスし、関市街に入ると寄り添っていた道路から離れ、電車は新関駅の構内へとゆっくり進入してゆく。

新関~っ!

18shinseki_2 新関駅ホームを望む

18shinseki_3 原形をとどめる1番ホーム

18shinseki_4 新関駅々舎

18shinseki_5 改札口付近

18shinseki_6 新関駅北口

奇跡なのかそうでないのかはよく分からないが、駅前はまだバスターミナルが現役で使われていて、駅舎も健在。タクシーの運ちゃんの憩いの場と化していた。でも、やはりというか、駅前や、それに連なる本町通りは、シャッターの閉まった店ばかりで、もはや商店街と言うにはあまりにウラ寂しく・・・。かつては本町通り沿い、安桜山の麓にあった市役所も、今は北に移っちゃっているし、よく祖父に連れられて買いに行ったおもちゃ屋も、食料品を買っていたオガワヤもない。私も含めて、買物は車で郊外のデカいショッピングモールへ行って済ませるのが当たり前の時代だから、時代の流れと言うのは、まあどうしようもない部分もあるのかもしれない。

18shinseki_7 関川橋梁

さて、美濃町線の新関~美濃間が廃止された後、線路付け替え等で、一時期、美濃町線は長良川鉄道の関駅に乗り入れていたことがあるらしい。というのは、私は、ニュースでしか、この事を知らなかったので。大体美濃町線全線廃止のニュースも結構後になってから知ったぐらいで、鉄道ファンやめて(?)一般人になってしまえば、大方こんなもんです。

19seki_1 長良川鉄道関駅(A)

自分には全く思い入れのない事なので申し訳ないのだが、長良川鉄道関駅構内で、おそらくここに美濃町線が乗り入れたんだろうと推測して撮ったあてずっぽう写真。違うかなあ?

19seki_2 関駅(B)

こちらは、今回のお題とは全く趣旨違いの写真。ちなみに撮影地点は(A)とまったく一緒。前向いて撮ったか後ろ向いて撮ったかの違いだ。

(つづく)

|

« 名鉄美濃町線廃線探訪 (3) | トップページ | 名鉄美濃町線廃線探訪 (5) »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220206/46285680

この記事へのトラックバック一覧です: 名鉄美濃町線廃線探訪 (4):

« 名鉄美濃町線廃線探訪 (3) | トップページ | 名鉄美濃町線廃線探訪 (5) »