« 三国山(土岐)登山、ただし自転車で。 | トップページ | 愛車自慢ブログ外伝 ~ゴルフ5に試乗した、その2 »

2008/12/04

愛車自慢ブログ外伝 ~ゴルフ5に試乗した、その1

ちょうど、私のゴルフ3を12ヶ月点検に出したおり、地元のディーラーで、ゴルフ5の試乗をお願いしてみました。

本当は、ヴァリアント(ワゴン)希望だったんですが、あいにく試乗車がなく、普通のハッチバックタイプに乗せてもらいました。ドイツでは既にゴルフ6が発表されているので、近々、この「5」も型落ちになるのでしょうが、「6」でワゴンを作る可能性が低そうなんで、あんまり気にしていません。

私が乗ったのは最も安い「トレンドライン」というグレードで、1.4リッターターボ、7速DSG(2ペダルマニュアルミッション)、というヤツです。この車のインプレッションは、Webを探せばゴマンと出てくるし、また評判もめちゃくちゃいいらしいんだな。あくまで、私は自分の「3」と比べての感想を書こうと思います。

私の愛車と、この試乗車の違うトコ

・ハンドルメチャ軽・・・一番驚いたのはコレ。普通に日本車なみに軽い。ただし、軽いだけじゃなく、適度に手ごたえ、中立付近の安定感もあります。ゴルフのハンドリングは「ダルだダルだ」と盛んに言われていますが、「3」に比べれば、ハンドルを切り始めた時の「モサっと」感は少なく、これだけでもクイックに感じます。

・ブレーキがカチッと効く・・・まあ、これも現代のグローバル車だから当然だろうな。「3」から乗り換えると、全ての車が「カックンブレーキ」に感じますけど。横に営業さんが座っていますから、フルブレーキは試していません。

・トランスミッションは楽しい・・・初期のCVT車と同じくクリープ現象がないので、慣れないうちは、発進加速とバックに、モタつきました。でも、それ以外は評判どおりの楽しさですね。技術が新しいから、とかではなく、走らせる事それ自体がエンターテインメント、って言う欧州車の思考と、走らせる事それ自体を楽しみに転化させる「ニクい」演出は、マジメ一辺倒の日本の実用車では考えられないです。

もちろん、ゴルフの利点である高速安定性は言うまでもないです(今回は、営業さんの特別なご好意で高速道路も少しだけ体験試乗できました)。100km/h代から上の加速の気持ちよさは、「3」にはナイ。これはうらやましいよなあ。

実用性なんかは、今の日本車の至れり尽くせりと比べてどうかはよく分かりませんが、少なくとも私の「3」よりは良いです。カップホルダーもちゃんとあるし(爆)。

その他、音はうんと静か・・・でも静か過ぎず。シートの座り心地の良さは相変わらず(本当にここはスゴイですね)。アクセルペダルにも適度な踏み応えがあり・・・、と、ここまでは、さすがに10数年分の進歩ってのは如実に感じました。

ヴァリアントは試乗こそできなかったものの、ディーラーに展示はしてあったので、主に後部座席と荷室だけチェックしたんですが、某ライターが「コストダウンの塊」と酷評した後部座席と荷室は、私にはそう思わなかった。確かに作りは安っちいかもしれないけど、ワゴンをワゴンとして使うのなら、この方が私は気兼ねがなくっていいと思います。

一例をあげると、後部座席の座面を起こすと、裏側がウレタンか何かなんですが、私の「3」は、ここがスチールで、そりゃ「3」のほうが金かけてるんでしょうけど、機材なんかをバンバン積んでいますんで、もうキズキズです。ウレタンなら、傷も目立たないし、破れたらこの部分だけ外して変えられそうです。商用バン的な使い方をするんなら(私みたいに)、ヴァリアントはなかなか良いと思います。ワゴンをファッションとして考える人は、とっくにトゥーランかトゥアレグあたりを買ってしまっているんじゃないかなあ。

・・・と、ここまで、もう良い事尽くめの試乗だったわけですが、いざ試乗が終わり、キーを営業さんに返してしまうと、実は、それほど「欲しいっっ!!!」とも思わなかった。私の「3」が壊れて、修理代ばかりかかるようになれば、そりゃ乗り換えたい(金ないけど)ですが、そうでもなければ、ぶっ壊れるまで「3」に乗っていたい、という思いの方が強くなったんですね。ナゼでしょうか?続きは次回、と言う事で。

|

« 三国山(土岐)登山、ただし自転車で。 | トップページ | 愛車自慢ブログ外伝 ~ゴルフ5に試乗した、その2 »

モノ」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220206/43208118

この記事へのトラックバック一覧です: 愛車自慢ブログ外伝 ~ゴルフ5に試乗した、その1:

» 古山 幹彦:究極の体重移動スイング法 [マニュアルウォッチ]
ゴルフのコンペで、なんと、父が優勝してきました! 楽しく学べるがコンセプトでもありますので気軽に実践できるかと思われます。HPでは実際に実践した方がどのように上達したのか。体重移動についての概要などが掲載されています。PGA(日本プロゴルフ教会)認定プロとして活躍されています。初心者からプロまで指導してきて、数々のクラブチャンピオンも育成した実績... [続きを読む]

受信: 2008/12/30 22:57

« 三国山(土岐)登山、ただし自転車で。 | トップページ | 愛車自慢ブログ外伝 ~ゴルフ5に試乗した、その2 »