« ソナくそ第6回 お題(続々)「クロイツェル・ソナタ」 | トップページ | 8月10日にヘリテイジにて・・・ »

2008/07/09

ソナくそ第7回 お題「クロイツェル・ソナタ」まとめ

この「クロイツェル・ソナタ」の第一楽章というのは、提示部までのあまりにも結晶化されたすばらしい出来に対し、展開部より後は、悪い出来ではありませんが、最上とは言えない気がします。それは、おそらくこの曲がかなりのスピードで書き上げられた・・・と言うより書き上げざるを得なかった事情(初演の日程に合わせるため、ほぼやっつけに近い書かれ方をした)と無縁ではないと思います。逆にその状況でこのクオリティは、まさに神業ですが、もう少し腰を落ち着け時間をかければ、もっと充実したものを作ったでしょう。

でも、ベートーヴェンはそうしなかった。フィデリオ(「レオノーレ」)を、あれほどしゃにむになって改作をした男と同一人物とは思えない放り投げっぷりです。まあ、もともと一旦出来上がった作品を改作するなんていう弱々しい考えはベートーヴェンにはなかったけど。「男に二言はない」。むしろフィデリオが特殊だったんでしょう。

それどころか、このヴァイオリンとピアノのデュオという演奏形態にベートーヴェンが熱中する事はもはやなかった。この「クロイツェル」初演から8年もたった後に、第10番が書かれましたが、作品としては佳品であってももはや「戯れ」にすぎない。ブリッジタワーとの一件がトラウマになったのだろうか?おそらく違うでしょう。「クロイツェル」の楽譜を見ると良く分かるのですが、当時の楽器の性能で「ヴァイオリンとピアノを競わせる」というのに限界があったからだろうと推測します。「クロイツェル」のピアノパートを見ると、そこここにヴァイオリンとダイナミクス等のバランスを整えるのに苦労しているベートーヴェンの姿が垣間見える。そんなめんどクサいことをするより、ヴァイオリンを生かす道は他にもあるのですよ。例えばピアノトリオ、例えば弦楽四重奏・・・。

もうひとつ考えられるのは、耳の疾患が進行し、自らピアノを弾いてコンサートを催す事が困難になったことかなあ。それに耳鳴りが激しいと、ヴァイオリンの高音域というのは、かなり耳にとって苦痛だったのではないでしょうか?よっぽど誰かが金積んで注文しない限り、そうおいそれと作曲のペンを取る事はないと考えます。(実際第10番は最大のパトロン、ルドルフ大候の注文ですし)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

では、まとめです。

6回に渡り「クロイツェル」をお題に、ソナタ形式に関する、私なりの考察を書いてみました。私は世の中の音楽研究がどのように進んでいるか分かりませんので、この考察が時代遅れのものか、平々凡々なものか、はたまた斬新なのか、危険思想なのか(それはないだろ)、全く知りません。でも、この考察は、誰の資料も読まず、誰の意見にも流されない、完全な「オリジナル」であると自負しています。

実はこのブログを書き進めて行くうちに、私自身色々感じる事があったので、今回はそれを書こうと思います。

ここでは、「ソナタ形式」についでだけを書きました。確かにこの形式は、現代においては絶滅したも同然です。ただ、音楽における「形式」という概念は、現代にも面々と流れており、むしろ、現代において「型にはまったような」音楽がさらに大量生産されていることは、残念ながら事実のようです。しかし私は「型にはまる」事自体は悪いと思っていません。「形」を知る事も、音楽を知る一歩としてとても重要だと思っています。

ただ、問題は、それを「破る」と言う行為です。色々な方がおっしゃいますね。「常識は破る為にある」 最近はそれほどでもないようですが、我々の世代の学生だと「規則は破る為にある」とかね。今回の話と絡めますが、確かにベートーヴェンは音楽において革命者だったし、数々のそれまでの「音楽における常識」を打ち破ってきた人です。でも、この「クロイツェル」を分析した際、私がつくづく感じたのは、「破る」事によって、聞き手に感動を与えないのであれば、「破る」意味がない。むしろ「破る」からには、その常識を超えた所にある、(音楽ならば)「感動・感銘」というものを人に与えるべきで、それができないのなら、むしろ破らない方がマシ、と言う事でした。なんとなく現代の一般「常識」についても、同じ事が当てはまるように感じないでしょうか?ずいぶん独りよがりで、他人に不快感を与えるばかりの「常識破り」が多いですよね、実際。

さて、おしまいに・・・

「クロイツェル・ソナタ」の提示部の構造を、一般的なソナタ形式の枠に沿って考えると、却って誤解を生じさせるように思います。

いっそのこと、今のポップスみたいな分け方でもしてみます?

「第一主題」>>Aメロ

「第二主題」>>Bメロ

「第三主題(第二副主題B)」>>サビ

まあ、かなり無理やりなコジツケですけど、でも、あの第二副主題B、なんだか「サビ」っぽくないですか?ちがうか・・・

はい、これでまとめは終わりです・・・

・・・え?いえ・・・それは違いますよぅ。この「サビ」が言いたかっただけで、7回も分けて書いた、だなんて。人聞き悪いなあ。

・・・え?これまでちゃんと読んできて損したって? 本当にちゃんと読んでくれたんだ、オレは、どうせ誰にも読まれないだろうから好き勝手書いたつもりだったんですよ。それはそれはありがとう。ごくろうさまです。

さて、いよいよピアノソナタ32曲について書・・・こうかどうしようか迷うとしますか?

|

« ソナくそ第6回 お題(続々)「クロイツェル・ソナタ」 | トップページ | 8月10日にヘリテイジにて・・・ »

クラシック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220206/41634981

この記事へのトラックバック一覧です: ソナくそ第7回 お題「クロイツェル・ソナタ」まとめ:

» ウルフルズ× 忌野清志郎 [スナフキンに憧れて・・・さすらいのギター弾き]
この歌、最高です。この二人かっこよすぎます!!知り合いの紹介 ↓ ↓ ↓●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●無料レポート 初心者必見!!無料で!!音楽・映像・歌詞取り放題の方法http://www.ikkiyomi.jp/report.php?rp_cd=5735インターネットで何でもできる!! でも、どうするの??? そんな初心者の方は、必見です。 無料で音楽・映像・歌詞をダウンロード出来る方法をわかりやすく、まとめています。 是非、読んでみてく...... [続きを読む]

受信: 2008/07/09 09:58

« ソナくそ第6回 お題(続々)「クロイツェル・ソナタ」 | トップページ | 8月10日にヘリテイジにて・・・ »