« スキャナを買ってみた | トップページ | 6.22ヤマハミュージック名古屋店・インストアライブ »

2008/06/18

林道と自転車道 その2

前回のブログの続き。前回と言っても、間に色々挟まって開いてしまったのだけど。

自転車で、某林道を走ってきたと、こういう訳なんですが、実は、この林道は「某」と言うほど隠す必要は全くなさそうで、なぜかと言うと、案内看板がかなりしっかりしていて、途中に展望台が2箇所も設けてある。半分観光林道と化しているようなので、名前言っても差し支えないだろう、と判断します。

P6100019

「若狭幹線林道」です。

ここまで引っ張っておいて、コレもないもんですね。今まで全部読んでくださった全国約2~3名のお方、すみませんでした。coldsweats01

詳しい事は、もうそれ系のサイトにわんさかありますので、私からは何も話しません。今回は、本当に自分が走りたい道を選んで走り、天気も良く、平日なので車もバイクも少なく(休日は交通量が多いらしいです。ちなみに全線未舗装です。ご存知でしょうが)、最高の条件で、これ以上楽しめないくらいに楽しんできました。

午前中に若狭町側から入り、お昼には小浜に着いて海の幸を頂く・・・書くとすげえ良く聞こえるけど、実際は昼食の店の選定を誤り、大したものは食べていません。

午後からは「若狭自転車道(高浜大飯小浜自転車道)」を走って、駆け足で羽賀寺と妙通寺によりました。

いわば、午前と午後で、全く違った趣向の「道」を走ったわけですが、どっちが良かったかって?

いわずもがな、林道の方です。いやあ、自転車道を整備してくれた皆さん、本当に申し訳ない。申し訳ないのだけど、一言言いたいかも・・・よ。

まだ、100%の整備状態でなく、コースが分かりづらい、と言うことを差し引いても、自転車専用道って、私には使いにくいと思ってしまう、これは若狭に限らず他の自転車道にも言える事ですが。

一番は高速走行に耐える線形(直線とか曲線とかのルートの取り方)と舗装品質ではない、と言うことかな。自転車で爆走するのは、色々厄介な問題もあるのだけれど(機会があればこの事について触れます)、でも、自転車専用道なんだし、もう少し「快適なスピードの出せる」作り方をしてもいいのではない?特に自転車道の舗装は良くないですね。舗装後一年もしないうちにベコベコなんてザラです。自転車道があっても、結局それを使わず、車道走った方が快適ですもん。本気で自転車道を使ってもらおうとしているのかが、イマイチ伝わってこない感じです。

もうひとつは、これは若狭に限ってなんだけど、並行する道路が国道27号以外だと、もう車道の交通量自体が少ないんです。しかも、車道自体の幅も十分にとってある、これ以外余分になぜ自転車専用道が必要なのか、首をかしげてしまう区間が結構ありました。別に車道の脇にスペース取って、そこを通せばいいじゃないか?加斗というところから岡津製塩遺跡までなんて、なんと、山壊して切通しまで作って自転車道通してる。元より周辺の道に車なんて走ってやしません。もちろん自転車道の交通量もゼロに近い。こういう所を一人で走ると、贅沢というより、なんだかもったいない気がします。

私はこれを政治の話と絡めるつもりはありません(「若狭幹線林道」に関しても?がいっぱい並ぶので)。そこまでの事情を私は知らないから。あくまで、実際に走った印象を話すにとどめます。それにしても、ちょいと文句が多かったですね。実際は、林道の方が「ファン・トゥ・ドライブ」だったとは言え、若狭の平野を走るのも、とても爽快でした。

寺・・・。寺の事は、うーん、この方面に疎いので語れないなあ。最近仕事の関係もあって、ちょっと仏教を勉強しようとは思っているんですが。今日はとりあえず写真のみで・・・。

P6100020 羽賀寺

P6100023 妙通寺

どちらも夕方だったんで、観光客はほとんどいませんでした。てか最初っからこの時間狙ってました(昼時に行くと、観光バスで来たツアー客とかち合って、ゆっくり出来ない)。神社は賑わっていても気にならないけど、寺は静かな方が良いです。

日の長い季節なので、ついがんばりすぎ、家に帰った時はヘロヘロでしたが、行って良かったと思える一日でした。

|

« スキャナを買ってみた | トップページ | 6.22ヤマハミュージック名古屋店・インストアライブ »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220206/41557824

この記事へのトラックバック一覧です: 林道と自転車道 その2:

« スキャナを買ってみた | トップページ | 6.22ヤマハミュージック名古屋店・インストアライブ »