« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007/12/28

フルトヴェングラーかカラヤンか?その6 お題「第九交響曲」

さてさて、今年最後の更新になるか、まだ書くか、の瀬戸際ですが・・・

お題>ベートーヴェン作曲 交響曲第9番ニ短調作品125「合唱付」

フルトヴェングラー指揮バイロイト祝祭管弦楽団、同合唱団、シュヴァルツコップ、ヘンゲン、ホップ、エーデルマン、1951年バイロイト祝祭劇場でのライブ収録

もう方々で散々語りつくされた感のあるフルトヴェングラーの1951年バイロイト盤、バイエルン放送のお蔵入りテープからの掘り起こしというCDが手に入りましたので、そちらと、元々EMIから出ていた通常盤を駆け足で聞き比べながら、この記事を書いております。

デジタル・リマスターのおかげで、どちらの盤でも、音質そのものに大きな不満はないのですが、やはり、細かな音のバランスは、ライブ収録のせいもあって、想像するよりほかありません。とはいえ、全体の音作りは、前回述べた「コリオラン」と、そう大差はないでしょう。弦楽器を主役にすえた、オーケストラのバランス、そして、主旋律、対旋律などの「出す音は出す。引っ込める音は引っ込める」の対比作り、リハーサルに相当時間を費やしたとされる人なので、細かい部分の楽器の出し入れは、リハの時に完全に固めているのでしょうね。そのせいもあって、音楽全体の骨格だとか、メロディーの推移、といったこと、つまり音楽を「聴かせる」仕事は、実演一発勝負なら、やはりカラヤンより数段も上のように感じます。フルトヴェングラーのライブを聴き終えたお客さんは、会場を後にしても、音楽の個々の場面、メロディーが、はっきりと胸の中に印象として残る、カラヤンの場合は、全体を通しての、すごい音響や、棒さばきは印象に残っても、具体的にどこどこが良かった、とは言いにくいんじゃないかな?

片山、このCDは小学6年の時に買いました。それ以来20年、自分の中での「第九」のスタンダードはフルヴェンでした。それだけに、この演奏に関する思い入れも多々あるわけです。とはいえ、この場でそんな思い入れを語っても仕方がない。というのは、私自身、数々の音楽体験や、楽譜の読み込みを進めた結果、最近はフルトヴェングラーのベートーヴェン解釈にある種の疑念を感じてしまうからなのです。

もっとも端的で分かり易いのはテンポ取り(つまり速さの解釈)でしょう。まあ、これはフルトヴェングラーに限らず、どの指揮者にも必ず「解釈」と称した、楽譜という事実からの捻じ曲げが存在する・・・誤解して欲しくないのですが、これは決して全てにおいて悪いことだとは思っていませんよ。ある時は聴衆への分かり易さの為に、またある時はオーケストラや合唱団の技量にあわせる為に、こういった「解釈」は必要でしょう。ただ、フルトヴェングラーのそれに疑念を感じるのは、そのテンポの取り方に、ベートーヴェンより、フルトヴェングラー自身の人間性を前に押し出そうとする印象を与えるからです。なぜって、楽譜を読むまで、私はフルトヴェングラーのテンポ取りこそ、「第九」の最もふさわしい解釈と信じて疑わなかったんだから。

具体的にどこがどう、という話はいずれまたいたします。結論から先に書かせていただくと、この演奏は「ベートーヴェンの第九」というよりは「フルトヴェングラーの第九」であり、フルトヴェングラー自身も作曲家だったのですから、まさに、自分とベートーヴェンとの合作・・・良い言い方をすると、どこまでがベートーヴェンでどこからがフルトヴェングラーか分からぬくらいの渾身一体の演奏と捉えることができます。勝手な憶測ですが、おそらく19世紀のワーグナー、マーラーらも、部分的な解釈こそ違えど、指揮の方向性はこういったものだったのでしょう。

意地悪く言えば、「ベートーヴェンをダシにして、自分(指揮者)の実力を見せつける。」・・・このブログの中で、私がどこかで書いたことの繰り返しです(笑)・・・ようやく結論らしきものが見えてきましたね。次回にまとめます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/23

12.22櫻庵クリスマスコンサート

いやいやイヤイヤIYAIYA・・・

私カタヤマ、生涯初めての、ソロコンサート満員御礼を味わうことが出来ました。

これも、会場であるCafe櫻庵さんの努力と、ゲストである三味線山口晃司の実力があってこそでしょう。いずれは、私の名前だけで、お客さんが集まるようになりたいですが。

まずは、櫻庵のスタッフ、山口君とJAMSのスタッフにお礼を述べたいと思います。雨の中、来てくださったお客様にも。

ありがとう!

☆☆☆☆☆☆☆☆

さて、ここからまた個人的な話になるわけではあるが・・・

私のようなモンでも、ライブとか生演奏を、年に百本以上やっていて、人前でアガルという事は、性格上あんまりない。・・・はずだったが、この日の前半は、実はすっげえキンチョーしまくりでした。満員御礼のプレッシャーか、自分がホスト役であることのプレッシャーか・・・分かんないッスけど、もう、「あれ、今オレどこ弾いてるんだっけ?」とか、「やべっ!次のフレーズ思いつかない」とか、もう手探り状態でした。お客様はそれに感づいたかな?一人でも感づかれたら、それは片山に修行が足りないせいです。感づいていなければ・・・それは私がプロ中のプロってことです(笑)。なので「私は気づいてしまった」コメント、受付けます(・∀・)/。後々の修行のためにも<(_ _)>。

山口君とのセッションをまんなかに持って来たおかげで、後半は気持ちに少し余裕が出てきました。

私のこの日の一番の「賭け」はプログラムのラストで演奏した「鐘」という曲です。アルバム「シンガーを雇え!」にも収められている曲ですが、大体、オリジナル曲をライブで演奏することですら消極的だったものですから、いわゆる「シングル候補にならない曲」を取り上げるのは、ドッキドキなんです。気が弱いんです。

でも、結局この曲が一番ウケたっぽいですね。お客様の反応を見ると。もちろんリップサービスだったのかもしれませんが。

おかげで、ちょいとばかり自信が出ました。妙に客ウケを狙ったようなちんまい曲ではなく、もっと自分の世界で勝負してもええんやないか?とちょっとだけ思えるようになりました。

年に百何回とライブやっていると、いつしか、それがルーティンワークになってしまい、自分に啓蒙を与えられるライブがどんどん減ってゆきます。この日の櫻庵ライブは、それを思わせてもらったという点で、私にとっても、非常に収穫のあるライブになった、そう思っています。

以上、個人的な話、終わり!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/12/21

CD制作日記 第7回「最終回」

Pc210006

さてさて、2ヶ月ほど続いた、当CD制作日記も、今回でめでたく最終回を迎えることとなりました。そりゃ、届いちまったもの、完成品が(^ー^)v。もうこの先書くことあらせん(※ない)よ。

Pc210004

しっかし、たったの500枚とはいえ、狭い我が家には置く所がないんです。結局、台所とおいらの部屋の境んとこに鎮座させたわけだけど、おかげさまで、部屋の入り口のドアが閉められず、これからの寒い季節は本当にツライ(;>ω<)/。売れなければ、ただのゴミと化します。

さて、ジャケット原稿と、マスターCDを制作会社に提出すれば、普通は、出来上がるまで(約3週間)、ハナクソでもほじっていればいいのですがヾ(>▽<)ゞ、家内制手工業である片山音楽世界は、そういうわけにはいきません。ライナーノート(解説書)の原稿を書き、販促物(POPとか)の準備をし、Webの更新作業から、果ては物販時のつり銭の準備まで、7割は私一人でやっています。人に頼るのが基本大っキライな性質(たち)なんです。ほっといてください(  ̄_ ̄)。ポスターも、外部には一切お願いせず(写真のスキャニングのみ外注)、手作りしました。制作に1,000円しかかけてナイ。櫻庵さま(見てもらえてるかな?)、当日A2サイズのポスター持って行きますが、ライブ中、お店に出しててもいいんでしょうか?

Pc210009

解説書も(CDとは別冊になります)、最初はExcelあたりで作ってプリントアウト、くらいに考えていましたが、なんと!!CDのジャケットと同じコート紙を使って印刷することができましたヽ(^◇^*)/ ワーイ。市販CDとクォリティ的になんら変わりありません。でも、200枚しかないのさ!希望者限定配布の予定なので、あんまり、ほしがらないで欲しいと密かに願っております。Webからもダウンロードできるしっ★彡。

さっき、人に頼るのがキライと書いたけど、それでも、頼らなきゃできない事もわんさかあるもんで、・・・でも、振り返ってみると、今回、オレは人に恵まれすぎた。デザイナーは良き理解者であってくれたし、キャメラマンは超一流の方の協力を取り付けたし、マスタリングもプロルートで行えた、スポンサーも無利息催促なしで貸付をやってもらった。それ以外にもここに書ききれない方々の厚い好意(もちろんビジネス前提)があって、ここにCDが一枚完成しました。こんなにたくさんの方の協力をいただき、オレってなんて、人を使うのがウマイんだろ、やっぱこれはオレの人徳だよな・・・、って、うっ!口がスベッタ・・・( ̄Д ̄;;

・・・前言撤回。こんなにたくさんの方の協力をいただき、感謝に堪えません。このお礼は、やっぱり売ってナンボだよな。次は、売る努力をせねば!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/12/19

フルトヴェングラーかカラヤンか?その5 お題「第九交響曲」

やっぱ年末だし、便乗できるモンはしておかないと・・・(^ー^* )

てなわけで、ほったらかしになっていた、聞き比べコーナーの続きやります。

お題>ベートーヴェン作曲 交響曲第9番ニ短調作品125「合唱付」

カラヤン指揮ベルリン・フィルハーモニー、ウィーン楽友協会合唱団、トモワ=シントウ、バルツァ、シュライヤー、ヴァン・ダム、1976-77年ベルリン・フィルハーモニーザール(ホール)での収録

えっとですねえ、今回、実はライブ同士で聞き比べしよっかなあと思い、新たにファンにはおなじみの「普門館ライブ」を買っては見たんですが、カラヤンの場合、例えば、カールベームとかとは違い、ライブで性格が豹変するタイプではないらしいんで、録音の優れた「スタジオ盤」の方を中心に聞きました。

楽曲に関する戯言はとりあえず抜きにして、演奏に対する印象をさらっと書きます。

全体の印象は「コリオラン」の時とそれほどは変わらない。相変わらず、重量戦車と戦闘機を合わせたような、ものすごいオケの響きで、スコアの隅々まで再現してやろうという姿勢は変わりませんね。また、鋭いリズム、例えば第1楽章のテーマの複付点音符(タッッカッ、て言う感じのリズム)が曖昧だったりするのも、いつものカラヤンです。ただ、やはり8年という歳月の流れは、それなりの変化をもたらし(「コリオラン」の録音は1969年)、ベルリンフィルの技量はさらに増し、また、ホールも残響の少ない、フィルハーモニーザール、てこともあって、一音一音がそれこそ手に取るようにはっきりくっきり聞こえます。

本当にこれはスゴイ。

各楽器、各セクションは、完璧なまでに磨かれ、一音たりとも(弦のトレモロのひとつひとつまで!)おろそかにせず、音楽はまさに、最初からそこに音が存在したかのごとく、予定調和のごとく鳴っている。演奏しているのは、スーパー集団ベルリン・フィル、そして、世界最高の歌手陣・・・

でも、なんっか物足りないんスよね。オレの個人的感想だけど。

なんでだろうか?少ない脳みそで必死こいて理由をでっち上げてみます。

まずは、あまりにも、完璧すぎて破綻がなく、それが反って迫力を損ねている。「コリオラン」の場合、確かにカラヤン美学も感じられるけど、まだまだ楽団員と意識は完全に同一でなく、随所にいい加減なところや、ルーズなところ、ファジーなところが残っていて、それが、反って効果を出していた部分があると思います。もちろん、カラヤン自身は、1960年代のベートーヴェン演奏よりは、1970年代の演奏をおそらく自分では高く評価するでしょうね。カラヤン美学を徹底的に追及すると、結局演奏はこうなる、という当然の帰結のようにも思われます。

録音機材も進化を遂げているので、おそらく、この録音、以前にも増して、コマ録り(部分録音)を多用していると思われます。木管や金管などは完全にソロで別録りしてるのか?と思われる箇所もいくつかあり、そのせいか時に全体の響きに不自然さを感じることがあります。例えば第4楽章のオケのみでのテーマ演奏(CD・Tr4の3:47~)で、ファゴットが異様に大きいところとか・・・確かにこのファゴットのオブリガードはベートーヴェンの特色のひとつだけど、何も弦より大きくしゃしゃり出なくても良いだろうに・・・ま、こんなのは、ミキシングルームで、バランスいじれば、いくらでも変えられそうですが(勝手な推測)。

というわけで、聴いていて「すっげえ音だなあ」とは思いながら、「ゾクッ」と背筋が身震いしたり、おもわず「うるっ」目頭が熱くなるような経験とは無縁な演奏ではありました。あと、持続するクレッシェンドの扱いが物足りない。「楽譜どおり」の演奏を賞賛しながら、楽譜+@を演奏に求めるのは矛盾している、と思われそうですが、ンなもん、+@がなければ、楽譜読んでりゃいいだけの話だろ\(--; ・・・というより、この演奏、かなり楽譜にも忠実ではないんだけどね。

逆に良いところ・・・第3楽章出だしの透徹とした表現、第4楽章のバリトン「おお友よ」の直前の全合奏(CD・Tr5の0:00~)の畳み掛けるような迫力、シュライヤーのソロ、コーダ(大ラス)のオケの鳴りっぷり、他にもありますが、なんといっても、ベルリンフィルをここまで鍛え上げたカラヤンの手腕は素晴らしく、ムラヴィンスキーのレニングラード(現・サンクトペテルブルグ)フィルと双璧をなすものだと思います。脱帽、いや帽子じゃ足んねー、マジ、ホント。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/08

CD制作日記 第6回「ご報告」

さて、今回はご報告だけなのですが・・・

制作作業は、おかげさまで12月6日のジャケットデザイン原稿の納品で、ほぼ終了しました。

さて、発売なんですが、

☆☆☆☆12月22日(土)☆☆☆☆

に決定いたしました。

でも、残念ながら、ライブ会場限定発売になります。

小売店販売は今のところありません。

では、このブログ上でお話した「問題」の解決についてお話しましょう。

1)収録時間76分!

これは、ディレクションをやってくださった方に「どうしよう?」と尋ねたら、「大丈夫でしょう。」とのお答え。ちなみにマスター用の親ディスクは特注でした(笑)

ていうわけで、結局当初の計画通り、15曲収録、総演奏時間76分であります。

ただ、全体を完全に2部構成にしたので、「ミニアルバム×2」という感じで聞いていただければいいなぁ・・・と。

それでいて、価格は1,700円(初回プレス分のみ)、ミニアルバム1枚分+@の値段に抑えました。

2)ライナーノートは?

パッケージには文章による解説は一切なし。予算、というより、時間的に年末発売に間に合わせるためです。

でも、ご希望の方には、別冊という形でお渡しできるよう、現在作業中です。PCのプリンターで印刷された、簡単なものですが、中身はマジで書いてますので・・・。

3)その他・・・

アルバムタイトルは「シンガーを雇え!」です。

さっきお話したように、小売店販売はありませんが、私のサイトから通販で購入していただくことは、検討中です。だけど、正直なところ、見ず知らずのミュージシャンのCDをわざわざWebから買おうという方は皆無でしょうから、こちらも、しばらくは様子見、ということになりそうです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »