« CD制作日記 第7回「最終回」 | トップページ | フルトヴェングラーかカラヤンか?その6 お題「第九交響曲」 »

2007/12/23

12.22櫻庵クリスマスコンサート

いやいやイヤイヤIYAIYA・・・

私カタヤマ、生涯初めての、ソロコンサート満員御礼を味わうことが出来ました。

これも、会場であるCafe櫻庵さんの努力と、ゲストである三味線山口晃司の実力があってこそでしょう。いずれは、私の名前だけで、お客さんが集まるようになりたいですが。

まずは、櫻庵のスタッフ、山口君とJAMSのスタッフにお礼を述べたいと思います。雨の中、来てくださったお客様にも。

ありがとう!

☆☆☆☆☆☆☆☆

さて、ここからまた個人的な話になるわけではあるが・・・

私のようなモンでも、ライブとか生演奏を、年に百本以上やっていて、人前でアガルという事は、性格上あんまりない。・・・はずだったが、この日の前半は、実はすっげえキンチョーしまくりでした。満員御礼のプレッシャーか、自分がホスト役であることのプレッシャーか・・・分かんないッスけど、もう、「あれ、今オレどこ弾いてるんだっけ?」とか、「やべっ!次のフレーズ思いつかない」とか、もう手探り状態でした。お客様はそれに感づいたかな?一人でも感づかれたら、それは片山に修行が足りないせいです。感づいていなければ・・・それは私がプロ中のプロってことです(笑)。なので「私は気づいてしまった」コメント、受付けます(・∀・)/。後々の修行のためにも<(_ _)>。

山口君とのセッションをまんなかに持って来たおかげで、後半は気持ちに少し余裕が出てきました。

私のこの日の一番の「賭け」はプログラムのラストで演奏した「鐘」という曲です。アルバム「シンガーを雇え!」にも収められている曲ですが、大体、オリジナル曲をライブで演奏することですら消極的だったものですから、いわゆる「シングル候補にならない曲」を取り上げるのは、ドッキドキなんです。気が弱いんです。

でも、結局この曲が一番ウケたっぽいですね。お客様の反応を見ると。もちろんリップサービスだったのかもしれませんが。

おかげで、ちょいとばかり自信が出ました。妙に客ウケを狙ったようなちんまい曲ではなく、もっと自分の世界で勝負してもええんやないか?とちょっとだけ思えるようになりました。

年に百何回とライブやっていると、いつしか、それがルーティンワークになってしまい、自分に啓蒙を与えられるライブがどんどん減ってゆきます。この日の櫻庵ライブは、それを思わせてもらったという点で、私にとっても、非常に収穫のあるライブになった、そう思っています。

以上、個人的な話、終わり!

|

« CD制作日記 第7回「最終回」 | トップページ | フルトヴェングラーかカラヤンか?その6 お題「第九交響曲」 »

ライブ・イベント」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰してます、櫻庵のおやじです。
昨夜はお疲れ様でした~!

今出張先から戻ったばかりで、詳しいことは聞いていないのですが、大盛況だったとの由。これも、片山先生のおかげです!

前にも言いましたように、しっとりとした大人の魅力が、聖なるライブにピッタリだったようで、チケットの販売もいつにも増して好調でした。きっと、皆さん楽しい時間を過ごして頂いたのではないかと推察します。

また詳しい内容は、お客様や家内からじっくりと聞いてみます。

本当に有難うございました!
福持様にも、宜しくお伝え下さい!

以上

投稿: 櫻庵おやじです♪ | 2007/12/23 17:10

片山様

お世話になっております。
12/22(土)のクリスマスコンサート、お疲れ様でした!

Cafe櫻庵のライブイベントを始めて一年余り、そして今回はクリスマスという絶好のシチュエーション、ここに片山さんという素敵な方に演奏していだくことになり、私共も一年間の集大成にしようと、準備に力が入りました。

早くから告知をして予約を頂戴し、そして最後には定員オーバーにまで到達できました。
これもひとえに、七月の当店での片山さんのライブに魅せられたからこそ、成し得たことと痛感します。

当日のライブ、素晴らしかったです。
特にオリジナル曲「鐘」の時は、片山さんの世界に会場が溶け込んでいるのを感じました。

私同様、他のお客様より、「あのオリジナル曲が良かった」というお声をいただきました。

もちろん、クリスマスソングなど、皆様お馴染みの曲もとても楽しかったです。
でも最後のオリジナル曲に、「演奏者の力、世界はこうなんだ!」というモノを見せてもらって、皆様納得の上、CDをお買い上げになったのではないでしょうか。

このコンサートを通して、お客様に音楽の素晴らしさ、ピアノという繊細で大胆な楽器について、そして片山さんの世界がお一人お一人の心に響いていると実感しています。

今回、来場を諦めたお客様も数名いらっしゃいますし、ぜひまたCafe櫻庵でのコンサートをお願いしたく存知ます。

そして、前半緊張されたということですが、少なくとも私はそう思いませんでしたよ♪
仕切りを任せてしまってすいませんでした。

チキンライス、感動いたしました。ピアノだとさらにまた旋律が際立っていて、あらためてこの曲が好きになりました。

今回のライブで、片山さんご自身にも節目となられたようで、本当に嬉しいです。

次回も、期待しております♪♪♪

投稿: 櫻庵のお姉さん | 2007/12/24 16:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220206/17451527

この記事へのトラックバック一覧です: 12.22櫻庵クリスマスコンサート:

« CD制作日記 第7回「最終回」 | トップページ | フルトヴェングラーかカラヤンか?その6 お題「第九交響曲」 »