« CD制作日記 第4回「マスタリング」 | トップページ | CD制作日記 第6回「ご報告」 »

2007/11/29

CD制作日記 第5回「ジャケット写真撮影」

いよいよCD制作も佳境ですねぇ。

今週はジャケ写撮影です。

特に今回カバーフォト(メインの写真ね)を撮るにあたって、カメラマンどうしようかって散々悩んでました。悩みっても「誰に頼もうか?」って事じゃなくて、「あのヒトにお願いしようか、やめようか?」って所で、もうひとつ踏ん切りがつかなっくってさあ。

「あのヒト」・・・私の元上司です。

10年ほど前、カメラマンアシスタントをしていた時の、直属の上司、いえもう直属もクソもないですよ。その会社、その方と私の2人だけだったんですから。

アシ(スタント)だった頃のワタシ・・・もうはっきり言ってデキが悪くてねえ、不肖の弟子なんて生易しい言葉ではないですよ。私も若かりしで、いつも、何だこのオヤジ!と散々心で思いながら、言葉には出せず。だっておっかねえんだもん。このヒト。

だから、今回このヒトにお願いしようたって、足がそちらに向きません。ま、どうせ門前払いだろう、と半ばダメモトでお願いしたワケです。いやぁ、勇気いりました。

そのヒト・・・長谷川さんっていうんだけど、名古屋のスタジオをたたんで、地元で悠々自適に暮らしていました。自宅の敷地にめちゃくちゃおしゃれなスタジオ作っていた!

8年ぶりに門を叩いた不肖の弟子を、長谷川さんはニコニコと迎えてくれました。私の話にも大変乗り気で応じてくれ、本当に撮影当日は、ご自身のライフワークに携わるがごとく熱心に仕事していただきました。今はコマーシャルもやめていて、頼まれ仕事も、自分が気に入ったものしかOKしないんだそうです。いやぁよかったよかったヽ(´∀`)ノ

で、私が長谷川さんにお願いした理由と言うと・・・一言で言うと、「写真文化に対して、大きなプライドを持っている」事。昨今デジカメの隆盛で、もう、フツーに素人さんでも、かなり良い写真が撮れる。デジタルだからPCでいっくらでも修正きくしね。気軽に撮れるんだけど、その分一発に賭ける意気込みはないし、もうひとつは、デジタルって黒の階調がキタナイ。CDがよく調整されたアナログLPに音質がかなわないのと一緒で、本来デジカメはフィルムの代わりにはならないんだよね。

8年ぶりにおじゃましても、スタジオもデジタル一色に様変わりするわけがなく、見慣れた機材、見慣れたカメラがそこにデンと置かれているのをみると、予想通りだったけど、無性にうれしかった。このヒトはやっぱり軸足がブレてないって。モノクロ現像液が市販されなくなって、自分で調合してるんだってブツブツこぼしてたけど、やっぱ、それってすっげぇこだわりだよなあ。

写真ですか?もちろんモノクロで撮ってもらいましたよ。今回、カメラも特別に4×5インチフィルムという、化石のような規格のカメラを使いました。B全のポスターに引き伸ばしても髪の毛一本一本がきれいに写る、大変性能の良い規格です。私も昔一時期使ったことがある規格ですが、複写撮影ひとつまともにできんかった、あの頃。

出来上がりが楽しみです。個人的に・・・

|

« CD制作日記 第4回「マスタリング」 | トップページ | CD制作日記 第6回「ご報告」 »

CD・音源」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です、櫻庵でございます。

本日、みさき様と山口君がライブのポスターを持ってきてくれました。クリスマス仕様の、大人っぽい仕上がりです。片山さんのお写真も、”演奏者近影”って感じで、決まってましたよ!

そのライブですが、本日時点で既に7割が完売、残りわずかです。ポスターも届きましたので、完売に向けてこちらも頑張って参ります!

それではCD制作、なんとか間に合うよう宜しくお願いします。みさき様にも、宜しくお伝え下さい!

以上

投稿: 櫻庵(おやじ)です | 2007/12/07 13:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220206/17222547

この記事へのトラックバック一覧です: CD制作日記 第5回「ジャケット写真撮影」:

« CD制作日記 第4回「マスタリング」 | トップページ | CD制作日記 第6回「ご報告」 »