« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007/10/26

フルトヴェングラーかカラヤンか?その4 お題「コリオラン」

今日は後攻、フルトヴェングラーの番です。

お題>ベートーヴェン作曲 序曲「コリオラン」作品62

フルトヴェングラー指揮ウィーン・フィルハーモニー、1951年ミュンヘン・ドイツ博物館・コングレスザールでのライブ収録

最初にお断りします。私の聴いている音は、CDで市販されているものと同一じゃありません。一旦HDDに落とし、音楽(波形)編集ソフトで自分好みにマスタリングし直してます。どうしてもモノラル音源をステレオ装置でかけると音楽が奥へ引っ込んだみたいに味気ないんで、私は気が向くとそうしてます。フルトヴェングラーの場合、録音が古いので、出てきた音が、演奏者の意図なのか録音のせいなのか、イマイチつかめない部分も多数あります。今回はある程度そのあたりを加味しながら、でも最終的には無視する、という大変手前勝手な方法をとらせていただきますが、何卒そのあたり、ご了承下さい。

演奏家は誰しもそうなのですが、若い時と老いたる時では、経験、体力、発想力、技術力全てにおいて変化するので、その演奏スタイルというのは、年代によって変わってきます。もちろん個人差はありますが、フルトヴェングラーの場合、その差がかなり顕著に出ているように思います。今日取り上げる録音は1951年、フルトヴェングラー65歳。普通の指揮者なら、最も脂の乗った時期ですが、戦前のフルトヴェングラーの演奏スタイルを知った方には、どちらかというと、枯淡の境地(物足りない、とも言う)なのでしょうね。やはり、彼にとって、第二次大戦はあまりにも重い鉄鎖だったのでしょうか?・・・ま、私はどっちもCDでしか知りませんが(笑)

全体に遅めのテンポを終始崩すことなく、彼特有のテンポの大きな変動もそれほどは感じさせません。とはいえ、第1テーマのテンポは四分音符=144くらい、何てことはない、カラヤンと同じなんですね。ただし、第1テーマ部分のテンポ変動もやはりカラヤンより大きいです。ヴァイオリンのアーティキュレーションはよく表現されて、細かい緩急の付け方が巧みです。スタッカートは切れ味の鋭いナイフのごとくスパっと行きますが、ティンパニの相乗効果もあって決してペーパーナイフのようにぺなぺなではなく、出刃包丁のように重厚です。

もちろん、かつての「フルトヴェングラーらしさ」も健在で、第2テーマではグッとテンポが落ちるし、そこからクライマックスにいたる部分(CDで2:16~)にも、アッチェレランド(段々速く)がかかり、また、カラヤンと違い、ゲネラルパウゼは楽譜指定より長めにとっています。ファンにとってはこれこそが、フルトヴェングラー音楽の深遠と捉えられる部分です。

全体から感じられるデモーニッシュさ、熱っぽさに、異論を差し挟むつもりは全くないのですが、カラヤンの演奏の後にこれを聞いた私は、ちょっとばかり別の感想を持ちました。

「ん?響きが薄くねぇ?」

録音のせい?

違うなこれは・・・

意図的なフルトヴェングラーの音作りのように思われます。

その他のフルトヴェングラーの演奏でも感じるのですが、彼のメロディーの歌わせ方には、類まれなる独特のものがあります。「むせび泣くような・・・」と言われる、アレです。しかし、その反面、対旋律はともかく、管弦楽の中で、例えば和声だけを受け持つパートや、伴奏形を繰り返すパート、つまり、音楽の中の「チョイ役」「通行人A」は意識的に切り捨てているような気がしてなりません。ほとんど話題にも登らないしね。

「コリオラン」を例にとっても、例えば3:59からの、木管の持続音だとか、7:29からの、うねるような低弦とか、意図的に弱く弾かれているため、録音が悪いのと相成って、奥に引っ込んでいます。多分ライブではちゃんと聞こえているのでしょうが。少なくともカラヤンのように、「全部出してやる」のようなアプローチではないですね。「出すものをとことん出し、あとは見切る」と言うやり方です。

これは、良いことか悪いことか?もちろん良いことです。少なくとも、ライブでしか音楽と触れ合えない当時の聴衆にとっては、この方がグッと効果的だと思います。つまり「間引き」して聞かせる事によって、聴衆には一番大事なものを一番印象付けられますからね。聴衆の大多数はスコア(楽譜)なんぞ読まないし、極端な話、作曲者の意図なんぞ、演奏家がどう捻じ曲げようと殆どの聴衆は気づきゃしない。「おもしろければ」それでいいんですよ。もちろん、フルトヴェングラーは、当時そうやってショー化されていたクラシックの演奏界を、ギッチギチに批判していたけど。

演奏だけを単純に取り上げれば、フルトヴェングラーのそれは、男性的で、迫力があり素晴らしいと思います。でも、スコアを読みながらベートーヴェンの音世界を想像している者がフルトヴェングラーを聴くと、鳴って欲しい音が鳴っていなくて、肩透かしを食わされるのです。カラヤンの演奏は一見(一聴?)甘ったるく聞こえますが、その実、スコアどおりで、ベートーヴェンの「意図」はこちらの方がより鮮明に表現されています。

フルトヴェングラーもその事は十分承知していたでしょう。彼はこう考えた。「一回限りの演奏で全部の音を汲まなく表現すると、聴衆は音の洪水で聞き分ける事が不可能になる、そのためのデフォルメ(誇張)は必要だ。」と。私の憶測ですよ。でもそう考えると、大げさなテンポ変動も、ヴァイオリンの「すすり泣き」も、主旋律だけを徹底的に聴かすやり方も、スコアには存在しないティンパニの強奏(6:04付近)も、彼独自に「聴衆のために」考え出した「テクニック」だと言う事ができる。表現上の必然とは別のものね。意地悪く言えば「客ウケ」を狙いに行ってる、といえなくもないんですよ。

結論は次回に持ち越します。それとも、もうひとつお題を作った方が良いか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/19

音源(CD?)制作中

たまにはブログらしいことでも書こうかと・・・。

とはいえ、最近ほぼ引きこもり状態のワタシに面白い話題なんぞあろうハズもなく。

今はずっと曲作りに励んでおります。というか、ようやく「励める」ようになったんだけど。

自分の周りの人から、前々より、「CDはいつ出すんですか?」とか言われたり、あるいは、自分から「今制作中、もうすぐ出すよ」と言ったりしていたんだけど、何もしないままに時はたち・・・

もちろん、言い訳はたくさん用意してあります。汚職がバレた政治家のごとく、いくらでも出てくるゼ!

そして、そんなことを繰り返すうちに、ワタシはいつしか「狼少年」と化し、ま、多分今ここで「もうすぐ出すよ!」っつても、おそらくダレも信用せんわな。

というわけで、「ホントに出来上がるのか分からないCD制作日記」をこれから、順次アップする・・・かもしれませんし、やめるかもしれません。

で、第一回目

久しぶりにピアノ・ソロの曲を一曲仕上げました。'40~'50年代のオールディーズ風バラードで、文字通り古くっさい感じの曲です。(あ、ワタシの曲はいつも古くっさいですけど。) で、さっきからプレイバック聞いてるんだけど、自分で作って自分で聞いてて、もう感動してしょうがなかった。ジーンときた。繰り返し何度も聞いて、あんまり良かったんで、そばにいる妻に「これ、いいだろ!」って言って聞かせたら「別に・・・」

お前はエ○カ様かっつうの!

ちなみに今度こそ出すであろうCDでは、おそらく大ラス(最後)に収録する予定です。題は決まってません。

今日はそれが言いたかっただけ。だってホントにいい曲なんだもん(自己満)。そして、おそらく、自分以外のダレ一人、いい曲だって言ってくれない気がする・・・

第二回をやるかどうかはわかりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/09

フルトヴェングラーかカラヤンか?その3 お題「コリオラン」

さて、前回、前々回と、話がそれまくってしまったので、今回はようやく本題に入ります。

この2人の聞き比べのお題がベートーヴェンちゅうのは、実はあんまり適切ではないんだろうけど(カラヤンならもっと得意な曲があるので)、構わず進めます。

当然の事ながら、両名とも、この曲の録音は複数残しておりますが、たまたま私の手元にあるものだけで比較試聴を行います。そのため、できるだけ、演奏自体の優劣は語らず、この2人のアプローチに対する私の印象を中心に述べてゆこうと思います。

ではトップバッターはカラヤンから!!

お題>ベートーヴェン作曲 序曲「コリオラン」作品62

カラヤン指揮ベルリン・フィルハーモニー、1965年ベルリン・イエス・キリスト教会での収録

一聴して分かるのは、カラヤン独特のレガート重視の弦合奏。どこまでもなめらか。彼の華麗なる手さばきが目に浮かんできますね。教会収録ならではのウワンウワンな残響がさらにその効果に拍車をかけます。男性的な第1テーマからして、野性味の薄い夢幻的蠱惑的なもので、おかげで、ベートーヴェンが細かく楽譜に指示したアーティキュレーション(スラーとかアクセント、スタッカートみたいなヤツ)が殆ど生きてきません。

テンポは四分音符=144くらいで、Allegro con brio(速く生き生きと)という速度指定としては心持ち遅く感じます。普通の人がイメージする「カラヤンのベートーヴェン」のテンポ感からすると、はぐらかされた感じがするかもしれません。またイントロから第1テーマの部分にしばしゲネラルパウゼ(全休止、つまり無音部分)が現れますが、カラヤンはこれの扱いに無頓着で、全般的に楽譜指定の長さより2割方短めです。「音のない部分は音楽じゃねぇや」とでも言っているかのようです。

また、基本的には全体を通してイン・テンポ(同じテンポ)ですが、フレーズの変わり目に楽譜に指定のないリタルタンド(段々遅く)を加える程度は「常識」的に行われているのと、第1テーマの盛り上がりの部分(CDで1:05)や、第2テーマの開始部分(同1:25)などは、それと分からぬくらいにテンポを落としていて、もちろん非常に効果的です。

私がカラヤンの演奏で感心するのは、「内声をよく聴かせている」事です。後述するフルトヴェングラーとの最大の違いはここで、「とにかく楽譜に記されている音はひとつたりともおろそかにしない」印象が強く、たまにホルンの強奏がやかましく思う事もありますが、概して、ヴィオラや木管、金管ともよく鳴っています。カラヤンで聴くと、巷ではあまり評判のよくない「ベートーヴェンのオーケストレーション(つまりポップスで言うところのアレンジ能力)」が実は非常に分厚く効果的であるのが良く分かります。音色の作り方も低弦(チェロ、コントラバス)を中心に、きれいなピラミッドバランスで、安定感があります。

また、テンポの変動やフレージング自体は奇をてらったところは少なく、楽曲の解釈は良い意味で「まっとう」であり、ベートーヴェンの意図を良く出していると思います。問題があるとすれば、彼のレガート重視の指揮スタイルを、ベートーヴェンでも押し通そうとして無理が生じた、という事でしょう。「オレは作曲家の僕(しもべ)になんぞならん。オレ様が一番エライんだ。」というカラヤンのメッセージがいやが上にも聞こえてきそうです。

全体を通して、非常に重厚な演奏で、ライブ収録ではないので熱狂度は少ないですが、例えばコーダ(7:04~)の部分とか・・・、皆まで言うと聴く方の楽しみを奪ってしまうので言いませんが、私はカラヤン演奏のこの部分は好きです。

しっかし、カラヤンはなぜベートーヴェンの交響曲演奏では、こうしたアプローチをとらなかったのでしょうね?

一般論ですと、カラヤン自身が、交響曲のような一般にアピールする機会の多い作品に、快速特急もしくはスポーツカーのごとく「カラヤンスタイル」を意図的に強調して自分のイメージ作りを高めていった、ということでしょうね。要するにカラヤンにとってベートーヴェンだろうとモーツァルトだろうと、ヒケラカシのための「道具」にすぎなかった。もしくは、自分が「トスカニーニの後継者」だと聴衆に思わせたかったからか?

それに比べて序曲なんてのはマイナーですから、もう少し自分の考える(ビジネスとは絡めない)ベートーヴェン演奏を目指した、と言う事なのかな?

さて、次回はフルトヴェングラーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/02

続・一問一答 (2)

    いんたびゅあ 「安楽ブログをごらんの皆さん、こんにちは。今日は、アタシが片山のホンネにせまる一問一答を再びしてしまおうとやって来ました。それにしても、10月に入ってようやく、こう秋らしいカンジになってきましたね。アタシも昨日、初ブーツでお出かけしました。この冬用に9月初めに買ったんだけど、『暑くてはけねぇ~ ( ̄∩ ̄# !』ってわけで、ずっと1ヶ月も下駄箱のコヤシに・・・、 あっ、片山さんの登場です。パチパチパチ」

片山「いや、今日キミの日じゃないよ。CD比較試聴の日だから。帰って帰って。」

    いんたびゅあ「いえ、大丈夫です。あの企画、人気ないですから。誰もアクセスして来ませんって。」

片山「はっきり言うよな(怒)。別に人気取ろうと思ってやってる訳じゃないよ。音楽文化っていうのはさ・・・。」

    いんたびゅあ「また始まった・・・ やめません?そういうカッコつけマニア話。皆さんに見ていただくには、何ていうか、こう、場の空気を読んでいかないと。」

片山「場ってドコだよ?オレのブログなんだから、オレの好き勝手やって、何が悪い?誹謗中傷も他人のプライバシーの侵害も公序良俗に反する書き込みも何もしとらんぞ。・・・まぁ、いいや、聞き比べは次回にまわそう・・・」  「(小声で独り言)良かった、アレ、文章どうやってまとめるか考えつかんかったから、1回助かった・・・」

片山「で、何から?」

    いんたびゅあ「ライブ見に来てくださるお客様がいつも口々におっしゃいますよね。『楽譜も見ずに、よくも、ああ、次から次へといろんな曲が弾けちゃうんですね。どうしたら、そんな事ができるんですか?』って。」

片山「ああ、そうだな。」

    いんたびゅあ「『そうだな』って、何得意がってるんですか?他にほめる所ないから言ってるんでしょう。」

片山「相変わらず、口が悪いな、いんたびゅあは。」

    いんたびゅあ「でもまあ仕方がないから聞いてあげます。なぜ?」

片山「いや、そんなの大したことじゃないよ。ホントに。プロの鍵盤奏者は普通に、当たり前にみんなやってるし。オレなんて東京へ行けば多分普通・・・いやフツー以下だと思う。ラスベガスなんか行ったら、はるかにすんげえレベルで、お客様のリクエストに何でもその場で答えちゃう凄腕がゴロゴロしてるっていう・・・オレの思い込みだけど。」

    いんたびゅあ「そんなコト分かってますって。田舎の地方都市だから通用するってレベルですよ。でも、その場にいるお客様を楽しませられるのなら、それも、ひとつの仕事です。・・・ちょっとだけフォローしてあげました。 キャッ(≧▽≦)/ アタシって何ていい娘!」

片山「オマエいくつだよ? それはそうと質問の答えだが、簡潔に言おう。弾ける曲だけを次から次へ並べているからだよ。」

    いんたびゅあ「でも、ジャンルがごた混ぜですね。新旧洋邦、ジャズ、たまにクラシック・・・」

片山「どれも上級者向けのコムズカシイ曲は弾いていない。でもそれで十分なんだよ。逆にコムズカシイ曲を完璧に弾きこなしても、殆どウケないよ。いや、これは別にお客様を悪く言うつもりは全然なくってさ、そうじゃなく、例えば、お客様がライブ来るのって、仕事とか学校の帰りじゃない?疲れている訳よ、みんな。そういう方たちには、はっきり分かりやすい曲を中心にセレクトした方が、結果的にも楽しんでもらえるってワケ。つまりその方が需要と供給(つまり私のウデの限界)のバランスが取れるって事。」

    いんたびゅあ「でも、それは、『レパートリーが無限にある(ように見える)』事の、直接の答えにはなりませんね。」

片山「それは、音楽の中にある、メロディーの音配列の規則性とか、和音(コード)進行の規則性を理解しないことには答えられないよ。」

    いんたびゅあ「またまた、難しい話にしようとする。カッコ悪いですよ、そういうの。もっと、ちゃんちゃんと分かりやすくできないんですか?」

片山「それは・・・」

    いんたびゅあ「いいです。次回までに要領よくまとめておいて下さい。ではこの続きは次回ということで。皆さんお元気で!」

片山「だから、次回は聞き比べだって言ってんだろが!!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »